脱力・・・

最近の脱力意識が功を奏したか、右肩痛が悪化しなくなってきた。

まだ、前までの痛みが残っているけど、弾いてる内にヤバイくらいしびれてきたり、肩が上がらなくなったりしなくなってきました。
この脱力意識は、ピアノにも言える事で、何だか音色も良くなってきた感じがします。。。

もっともっと日々意識をして、強い音、大きな音を鳴らす時のイメージを脱力した状態で作れるようになりたい。

ところで、、今日は LASIK(レイシック) と言う視力矯正手術をしてきました。。
僕の目は右0.5、左0.2でした。悪い方ではないですが裸眼で楽譜を見る事は困難でした。今日の手術でだいたい両目とも裸眼視力が1.5になったわけです。
怖かったけど、今もこうして裸眼でブログを書けたり、さっきまで裸眼で練習できたりと、手術直後から LASIK の恩恵に感激しています。

ちょっとだけ手術報告します。

手術日までの約4週間はコンタクトレンズ装用厳禁です。最初に検査&カウンセリングとしてクリニックに行き、ひたすら何種類もの目の検査を受けます。痛みはありません。検査後、医師の診断を受け、適合する LASIK の種類を教えて頂きます。目の形や症状によっていくつかの方法があるのだそうです。僕は2種類の手術を勧めてもらい、術後が安定していると言われている Intra Lasik と言う手術にしました。

手術の1週間前から抗菌用の点眼液を使い始めます。手術の前日に最終検査を行い、翌日の手術(それが今日)です。

手術当日は医師の診断を受ける所からスタートします。問題の無い事を確認し、手術用の待合室で略式の術衣に着替えます。しばらく待っていると、麻酔用の目薬を差され、手術の流れを看護師に説明してもらいます。そう、麻酔も目薬でしみる事もありませんでした。

説明後、少し待った後、いよいよオペ室へ・・。Intra LASIK は、角膜の上フタ(フラップって言う)をレーザーで作成します。オペ室には大きな黒い椅子があり、そこに座ってオペを受けます。緊張はしましたけど、ドクターもよく声をかけてもらえるので安心です。
片目ずつ、何かの器具を取り付けて、秒数をカウントしながらレーザーを当てられました。

フラップ作りが終わると、視界がほとんどぼやけて前が見えなくなります(コワッ)。看護師に付き添われて、いったんオペ室の廊下で本オペに備えてまぶたを閉じて休みを取ります。たまに目薬&声を掛けに看護師が来ます。本番のオペ室に行く時、目を開けてみると、さっきまでほぼ何も見えなかった視界が少し見えるようになってました。(矯正手術はまだ)

本番オペ室は、ベッドです。頭をくり抜いたようなベッドで、そこに頭を入れ、仰向けに寝ます。
今度は、目だけが開いた布を顔にかぶせられました。右目から順次手術開始です。レーザー手術自体はあっという間に終わりました。とにかく、言われた色の目印をずっと見ているだけです。その間に、視界が良くなったり、時には消えたりしますが、手術直後からなんか見えるようになってるから驚きです。

手術の後は暗室のソファーベッドで呼ばれるまで仮眠します。呼ばれて、これからしばらく続く色んな点眼液や飲み薬の処方を受け、最後にもう一度医師の診断を受けます。

帰りは嫁に運転してもらいました。。。
なんか、麻酔が切れてくると、痛いというか、目がしみてしみて、開けていられなくなりました。
涙もボロボロと出てきて結構辛かった。。。でも、すぐに眠ってしまったのでまぁ大丈夫でしたけど。あんなにしみた目でしたが、目覚めてみると、痛みも嘘のようになくなり、裸眼生活を満喫できます。今日の初日は、何となく霞がかかったような白っぽい感じの視界ですが、一晩休むとよりくっきりクリアーになるのだそうです。楽しみ。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-07-22 23:54 | Cello

やる事いっぱい

今は二人の先生に習っているけど、心の中でだいぶ両立ができた感じがします。

片方の先生は、基本的な奏法をかなり丁寧に指導して頂ける先生で、
一つ一つの身体の動きを紐解き、一つ一つ納得ができます。
先生の奏法を集中して身につけて行くと「絶対間違いない」と言う確信があります。
構えについても、今までとは考えられない程ラクになりましたし、右手もとってもラク。基礎練習の時間は、集中力を最大限にして奏法の勉強をしています。
今やっている事は、移弦と左手。

そしてもう一人の先生は、エチュードをどんどん進め、僕の表現を受け入れてくれるレッスンです。僕は曲だけに集中する事ができるし、僕がまだ知らない弦の世界 -- 例えばボウイング一つとってもセオリーとか「すべき事」 -- をガンガン教えて頂けるので、毎回のレッスンが楽しいです。また、解釈を巡って議論をしたり、他の練習法等も教えてもらえるのでかなり丁寧にさらい込み、集中して練習する事ができます。
今は、ドッツァーの No.5 です。ウェルナーは P.40 辺りです。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-06-28 11:05 | Cello

ふぃ〜

今日の練習はおしまいです。

最近、だいぶ長い事弾いていられる様になってきたかも。。
なので体より精神的にお腹いっぱいになる感じかも。

新しい先生の所では、弓を返す時に急ごうとするあまり、弓先がくるっと円を描いて見えてしまう。
絶対に絶対に直角をいつでもどんな時でも保ってないとダメ・・と言う事で、
ウェルナーもドッツァーも、弓の返しをとにかく意識して練習しました。
「何もしない」これが鉄則。。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-06-03 00:35 | Cello

もう一人の先生

5/29 (Mon) 14:00 - 14:30

他の先生の所に習いに行って見ました。
Web で細かく奏法を紹介されている方で、すごく気になっていたので。。

今までの弾き方とは全然違うので「やり直し?」って感じでしたけど、
ここまで丁寧に奏法を習っていなかったのでとても新鮮でした。

それに、ものすごく丁寧に教えて頂けるのでありがたかったです。

やった事は、各弦でのダウンとアップ。
弓を返す時は、手首をこねたりせず、まずは、いかなる時でも直角になっている事だけを意識して練習。
アップで上がって行ってフロッグ寄りに来た時、手首の角度付けが甘くなりやすい。

移弦。
移弦はダウンの方がコツをつかんでいるっぽい、事を言われました。
ダウンについてはまだまだ修行が必要です。

今後もずっと習って行きたいと思っていますが、今までの先生のところもずっと行きたいです。
奏法については特別言わなかった先生なので、こちらの先生の奏法を身につけて行ったとしても特にお咎めはないかな?
って思いますが、次回のレッスンがちょっとドキドキです。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-29 16:05 | Cello

レッスン日記第 8 回

レッスン日記第 8 回

レッスン日記第 8 回 5/28 9:00 - 10:00

全体的な事:

課題:
ドッツァー No.3

これも一発で終了してしまった。。。
あんまり細かくはやならいのかしら・・?
注意点を忘れずにあとは自宅でみっちり練習せよと言う事なんだろうなぁ。
この方が厳しいですね。自分を常に研ぎ澄ませてなきゃだし。

ウェルナーP.28 & P.29

Duo についても、特に言われる事はなく終了。

次回の課題:
ドッツァー No.4

ゆっくりの Adaio バージョンと、Allegro バージョンで弾いてくる事。
この弾き分けでは弓のコントロールが違ってくるのでその点注意して練習する事

ウェルナー P.30 以降見れる所まで

弓のコントロールが難しいパターン。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-28 13:11 | Cello

ふぅ、満足・・・

今日は、たっぷり練習できた〜!

やっと普段の生活に戻れつつあるみたいです。
今日の調子はなんだか良かった。多分これは、まったく楽器に触れなかった昨日に対する錯覚・・・。こんなんじゃダメだな。。

友人達と話してて、たまに聞くのは「弾かない(吹かない・叩かない)日が2〜3日続いた後で弾くと、すっごく上手く感じるし、勘もすぐに取り戻せた」と言う話。。。何でも、だから休息や、弾かずに行うイメージトレーニングは効果があるのだとか・・・。

僕は、否、僕に限って言えば、正直そんな事は絶対にあり得ないと思うのです。上手く感じてしまったり「俺、まあまあじゃん」って思えるのは、耳が衰えた何よりの証拠だと思います。
初心者であろうが巨匠であろうが、自分の演奏に満足できるわけが無いと思います。満足できないから飽くなき探求心が沸き上がってくるのであり、日々の地味な練習も集中力を伴って出来るのだと思います。「スランプかな〜。最近やってもやっても成長できないな〜」って思っている時こそが一番上達している時なのかもしれません。「最近、つまらないから止めちゃおうかな〜」って思っても、止めなければそれでオッケーなんだと思います。

まぁ要するに、昨日練習できなかった事に対する愚痴です。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-26 00:22 | Cello

むう、最近

今週は練習時間を確保する事が非常に難しい。
月曜日:朝、日曜の疲労過多で弾けず。
    夜、レッスンとその後のおさらい少しだけ(30分)
火曜日:朝、起きれず。
    夜、演奏会を聴きに行き、23:00 帰宅。
      23:30 - 01:00 練習
水曜日:朝、やっぱり起きれず。
--- そして予定 ---
    夜、会社の飲み会。絶対酔わない程度に飲もう。
      23:30 - 01:00 練習予定。
木曜日:朝、やりたい・・・。
    夜、何もない予定なので頑張りたい。
金曜日:朝、やりたい・・・。
    夜、何もない予定なので頑張りたい。
土曜日:嫁に付き合い、日中は不可。
    夜、頑張りたい・・・。
日曜日:朝から~14:00 位までは時間が取れそう。
    夜は、他の練習などで全滅。
    22:00 以降かろうじて時間が取れるかも・・・。
月曜日:仕事が休みなので頑張ろう。
    14:00 ~ 他の先生の Cello レッスン。楽しみ!
火曜日:この日も休みを取っているので頑張ろう。
    月曜日のおさらいしなきゃ。

レッスンの曲、Cello 以外の楽器の練習、音楽の勉強、やる事が沢山あって幸せだけど、かなり忙しい。。嗚呼。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-24 11:29 | Cello

レッスン日記第 7 回

レッスン日記第 7 回 5/22 22:00 -23:00

全体的な事:

先生に New Cello を見て頂きました。
色んな曲を試され、「この価格にしてはなかなか良いんじゃない?」と言って頂きました!
まだまだ、鳴ってないので、駒寄りの音階を沢山やって鳴らし込んであげて欲しいとの事。

課題:

ドッツァー No.2

普段の練習では、そこまでひどくなかった音程(笑)がやばい事になっていました。(汗)
「玉砕だ~、これが僕の本当の実力だ~」と嘆きながら弾いていました。
「デタシェ」と言う奏法を今回教えて頂く事になっていたので、この曲とはしばらくの間は付き合うものと思っていた訳でして、
「普段よりダメダメだった事」に非常に嘆いておりました。

先生から「デタシェ」の奏法をお聞きして、やりながら何度か注意されて、しばらく後、
「じゃ、デタシェも慣れたでしょうから、最後まで通してください」

・・・・
・・・・・・・・

で、合格してしまいました。
なんだか拍子抜け(笑)。。。

「まぁ、レッスンでは見ない」と言う事でしょう、と心の中で納得する事にしました。
今回初めて習ったデタシェ。リズムキープも、ダウン&アップでの音質の差も、音の長さのバラツキもとっても気になっているので、
No.2 はウォームアップ&基礎練習に使う感じでイメージしてみる事にしました。

まずは、「テンポを上げる事ではなく精度の高いデタシェを身に付ける事」って感じです。

ウェルナー P.27 のデュエット。
こちらは難なく合格になりました。ドッツァーと比べるとウェルナーのこの辺は技術的にはかなりラクです。
なので歌に集中できるし、歌い方については割とご評価頂けている感じがします。(喜)

右手:
1) デタシェ

トントン、ブンブンと音を切って弾く奏法。
リズムキープ、アップ&ダウンの音ムラを無くすのが難しいです。

とりあえず今、確実にできるテンポで始めて、徐々にテンポアップを目指します。

左手:
1) 手の形

ドッツァー No.2 でエクステンションポジションが出てくる時、特に移弦を伴うエクステンションでは左手の形をキープし続ける事。

次回課題:
5/28 (Sun) 9:00 -

ドッツァー No.3
ウェルナー P.28 & P.29
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-22 23:58 | Cello

今日の練習はちょっとだけだった

今日は練習あんまりできなかったです。。
多分 1 時間くらいかな。。

買った楽器、ラーセンを張って貰ったのですが、、
「ちゃんとキレイに巻けてないじゃんよ~」

すっごくショックな事に、D 線の上に A 線が通り、D 線の赤い皮?が剥けてる・・・(泣。
って事で恐る恐る巻き直してみました。。

■弦の張替え方法
http://gonkuro.exblog.jp/4543448/

結局、C 線以外は全部巻き直しました。
だって、A 線は巻き方が逆だし、D 線はぐちゃぐちゃ、G 線もきれいに巻けていなかったから・・・。
まぁ、でもお陰で良い勉強になったかも。。

駒の角度調整もやってみた。と言うか、巻き直しによってちょっとだけ直角が狂っていたから・・・。

ところで、最近、電子チューナーが手放せないです。
メトとチューナが一体になっているヤツで、メトもチューナも鳴らしっぱなし。

電子チューナはすっごく良いですね。俺、1 指を伸ばして取る拡張ポジションは、1 指を伸ばし過ぎて音程が低くなる傾向にあるみたいです。
で、1 指をそのままで、他の指全体が引越しする拡張ポジションは、1 指が伸びきらず音程が狭くなるみたいです。
押さえ方によっての癖が分かれば後は電子チューナで何回も確認しながら呆れる位練習するばっかりですね。

管楽器やピアノでもどの楽器でもメトを使った練習はとても重要ですが、弦楽器ではより一層メト練が大事~って思いました。
運弓が均一になると言うか、弓を運ぶ量が均質になってくる感じがします。
音楽的にはメトに頼りきるのはどうかな~って思いますが、テクニックを磨く練習ではもう欠かせませんです。

---
ドッツァー No.2 は、相変わらず左手の小指が痛くなっちゃってなかなか続けられません。
力が入り過ぎているんだろうな~。あの、横バーがイヤ~な感じですよね。
3 指押さえっぱなしで1つ上の弦で、4 指を動かさなきゃならなかったり(笑。
俺よりもっと筋力の無い女性でもできる事なのになぁ。

---
ウェルナー の C-Dur のところ、3 連符のリズムが安定しないので、リズム練習ばっかりやりました。
少しずつテンポを上げながらですが、右手ってホント難しいです。

そう言えば、今回の課題から出現しているスタッカートってどやってやるんだろ?
思った通りに練習してレッスンの時に質問って感じです。

---
先生に一度見せてからになりますが、今度、魂柱調整をやってもらおうか悩み中です。
新しい楽器の魂柱位置、D 線と A 線の間位にあって、結構駒に近い所にある様な気がします。
つか、前の楽器との比較ですが・・・。魂柱の立っている弦って鳴りが悪い感じがします。
D 線が特に顕著で、何だかこもった感じがするので・・・。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-18 23:07 | Cello

自分への戒め~こんなんじゃいかんいかん~

考え過ぎている人ってどうなんだろうか?
たまに、そうなっちゃいそうな俺自身がいるので、自分に対する戒めの為に書きたいと思います。

★ 「色々考え過ぎる」=「漫然と弾いている」

大人になればなる程「理屈で納得」と言う面があるのは、ある意味致し方無い事だと思いますが、
「納得したい」から「理屈を求める」ばかりに、逆に「理屈に振り回されている」事もあるんじゃないかって思います。

Cello に限らず、一番大事なのは「客観的に聞ける鋭敏な耳を育てる事」だと思います。
客観的で鋭敏な耳を持つには「理想とする具体的なイメージを持つ」必要があるんだと思います。
今出ている音と心の中にある理想像との厳しいチェックです。

どんな道具を選ぶかも確かに重要だと思いますが、やっぱりまずは腕前なんじゃないかと。。。
微妙な差ですが、自分の音を聴いた時、理屈面で分析できる能力は必要でしょうか・・・。

「音に芯が無いなぁ。」 → 「 腕の重みが弓に乗っていないからじゃないだろうか・・・」 → 「体重を乗せる意識を持つ為にはまず腕の位置が・・・。」

だんだん本質を外していってしまうのではないかと思うのです。

「音に芯が無いなぁ。」 → 「芯のある、(あの人の)音をイメージしてひたすらボウイング練習だ!」

で、毎回音を出す度にかなり集中して芯のある音をイメージして音を出す。この方が余程正しいのではないかと思います。

ですから、
漫然と何も考えないのは論外ですが、理屈を構築してしまうのは本質を外す事になり、結果的には漫然と弾いている事と大差がなくなってしまうと思います。
「コロンブスの卵」みたいな話ですが奏法があって音が生まれるのではないって事です。

腕前を上げる為には、理論武装してはダメなんじゃないかって思います。
「こうするとこうなる筈だから」と理屈で考えるより「いつも客観的に聞ける耳」を育てる事の方が重要なんじゃないかと思います。
「客観的に聞ける耳」をどんどん鋭敏にして、ちょっとのミスも見逃さない訓練こそが腕前を上げる一番のポイントじゃないかと思います。
そして、何は無くともとにかくひたすら練習あるのみです。

子供の頃は、もちろん理屈も理論も知らないし、言われても咀嚼ができない。
明確な理想に追いつきたいと言う一心でひたすら練習。「考える前に練習」って感じだった気がします。

師匠に指摘された事に対しては盲目的な信頼感があったり、「なにくそ!」と反発的な感情もあったり色々でしたけど、
理屈で咀嚼して納得するより、とにかく大量の練習で咀嚼していたと思います。

「あぁ、師匠がずっと前に言ってたこの事は、こう言う事だったのかなぁ~」なんて半年先、一年先に思い出したりしました。

★ 「分かる」=「成長が止まる」

そして「分かった気にならない事」も自分に言い聞かせなきゃって思います。

「最近、脱力が分かってきたと思う。この調子で行こう!」とか、すぐに分かった気になってしまうけど、果たしてどうだろうか?
もっと上手い人はもっと高いレベルで脱力を考えているだろうから、「分かった気になった時点で自分の成長が止まってしまう」んだと思います。

その事を常に意識すると言うのはすっごく難しい。分かった気になると意識から抜け出てしまう。
でも、ちょっと意識した事をその場しのぎの理屈を考えて試してみて出来たつもりになって・・・
こんな事を繰り返しても本質的な成長は無いのではないかと思います。

人に教える時「どうしたら分かってもらえるか?言葉で言うならこうです」そう言う思いで伝える手段として理屈を言うのと、
自分の為に理屈をこねるのは違う。自分の師匠はあくまで自分の耳でしかないと言う事です。
「頭で分かったつもりになる」と、耳を使わなくなってしまいます。実に恐ろしい事だと思います。

堂々巡りですが、「じゃ、効率的に脱力するにはどうすれば良いのか?」
多分、そんな答えはどこにも無いのだと思います。人より考えただけで、人より考え方が優れているから脱力ができる様になるのではなく、
「脱力」を毎日すっごく意識してひたすら練習しているから、身体がだんだん脱力してくるのではないかと思います。

今日のところはこの辺で。。
自分を戒めなきゃいけない事はまだまだ沢山ありますが、それはまた今度書きます。
[PR]
# by musi_kuro | 2006-05-18 17:23 | Cello